オッズを眺めるだけでも楽しいブックメーカー

野球ブックメーカー

近年、全世界で流行をしているブックメーカーですが、野球の賭けまでできるのに実態をよく知らないという人は少なくありません。今まではごく一部のプロ野球ファンにしか知られていない存在でした。それが、現在ではインターネットを利用してどこの国からでも気軽にブックメーカーを利用することができるようになったため、全世界で一大ブームを巻き起こしています。

■ブックメーカーの登録や利用方法が簡単に説明をしてあるのでおすすめです⇒ 日本プロ野球・メジャーリーグ ブックメーカー

日本でも「ブックメーカー」という名前ぐらいは聞いたことがあるという人も増えてきたのですが、これは一体どのようなものなのかといえば、業者とスポーツファンが勝敗予想をするサービスとなります。

ブックメーカーは業者と客の差しの勝負であることから、客が勝てば業者がマイナスになるということがあり得るのです。そして、業者は自らがこれぐらいであれば負けないというオッズを提示して賭けを提供し、参加者側はこれぐらいのオッズであれば勝算ありと感じたところで賭けに参加をして勝負をするという形になります。

このような仕組みであることから賭けは投票した時点で成立して、払い戻しもその時提示されたオッズによって払い戻しをされることになります。

簡単に言えば友人同士で何かの賭けをするものを組織化したようなものであり、直接相手と勝負をするというのが日本で一般的な公営競技とは違うブックメーカーの特徴となるのです。

世界的なブームの影響で日本のプロ野球も多くのブックメーカーにオッズがありますので、一度見てみるといいでしょう。ブックメーカーでプロ野球のオッズを眺めているだけで楽しめます。

合格率が低いトライアウト プロ野球選手は難易度が高い

優勝予想

プロ野球選手は戦力外通告を言い渡されると、自力で所属できる球団を見つけなければなりません。その就職活動の1つとしてトライアウトが存在します。トライアウトは実際の試合と同じような形式で行いますが、一人に与えられている時間は限られています。投手も野手も9イニングの全てをプレイできるわけではないので、アピールできるチャンスは少ないでしょう。その少ないチャンスで結果を残せば、何処かの球団と契約できる可能性があります。

しかし、トライアウトでの入団は狭き門だと言われています。そう言われている理由は合格率にあります。トライアウトの合格率は10%以下です。10人参加していても、1人合格できるかどうかという難易度となっています。仮にトライアウトのテストをクリアしても、球団が独自で行う入団テストを受けなければ契約できないケースもあるでしょう。トライアウトで良い成績を残しても、球団のテストに合格できなければ契約がないため、実質的にトライアウトで不合格になった扱いを受けます。

トライアウトではプロ経験のない人も受験しますが、戦力外通告を受けた選手よりも、さらに実績がないため、ほとんど合格できる人がいないというのが現状です。

プロ野球 優勝する球団に見られる特徴

野球グラウンド

野球は国内で非常に人気の高いスポーツなので、プロ野球の試合を楽しみにしているファンは非常に多いです。そんなプロ野球を楽しむのであれば、優勝する球団に見られる特徴を知っておくことによって、自分なりに順位を予想できるようになります。ブックメーカーで優勝予想もありますし、自分の予想が当たると嬉しいものです。

特徴の1つ目は新人の活躍する選手が出てくることです。優勝するチームには必ず活躍する選手が複数人おり、その中には新人がいるケースは多いです。そのため、前年のドラフト会議で入団する選手をチェックし、活躍しそうな選手を予め見つけておくことをオススメします。

2つ目はタイトル争いをする選手がいることです。優勝争いをするということは野手と投手の両方で成績の良い選手が発生しているので、タイトル争いに絡んでいる状況は非常に多いです。野手と投手のどちらかに偏る場合はありますが、両方で何かしらのタイトル争いを見られる可能性があるので、球団としての成績だけではなく、チームとしての成績にも注目すると良いです。

特徴の3つ目は連勝をしていることです。強いチームは連敗が少なく、連勝が多い傾向があります。それも、2連勝や3連勝ではなく、5連勝や10連勝などかなり続くケースは珍しくないため、連勝が多いチームは期待できます。